HEARTとは

HEART(Hyokyo Educational and Academic Resources for Teachers)は、兵庫教育大学で生産された論文や教材などの教育研究成果物を電子的に蓄積し、無償で公開するデジタルアーカイブです。
リポジトリというしくみを使い、本学の教育研究成果を世界に向けて発信します。

HEARTはまた、学内の教育研究成果発信の場となるだけでなく、学校現場で作成された実践的な教育リソースを統合的に検索できる教育実践ポータルを目指します。

登録できる資料

学術雑誌論文、紀要論文、研究成果報告書、学会発表資料、学位論文、教材など、広く、電子化された学術情報一般が対象となります。

どんな効果があるの?

研究面

研究成果の効果的な発信
HEARTに登録されたコンテンツは、GoogleやGoogle Scholarなどの検索サイトから検索が可能であり、研究成果物の可視性が高まります。これにより、論文の被引用率の向上が期待できます。
研究成果の管理・保存の利便性
登録されたコンテンツは、国際規格に準拠したメタデータ(目録情報)が付与され、大学のサーバで恒久的に保存されます。HEARTを研究成果物の保管ツールとして、また研究業績の管理ツールとして役立てることができます。

教育面

教材開発のための素材ライブラリ
全国の学校現場から収集した教育実践資料等を電子的に蓄積し、教育関係者の利用に供することにより、HEARTは教材開発のための素材を提供するライブラリとしての役割を担います。
授業の効率的運用を支援
講義等で使用するオリジナルな教材を電子的に保管し、Webを通じて学内外に公開することで、HEARTは授業の効率的・効果的運用を支援するコースウェア・ツールとしての機能をめざします。

大学として

大学の説明責任の遂行・社会貢献
大学の教育研究活動をショーウィンドウ化することで、社会に対する説明責任を果たすと同時に、HEARTは大学と学校現場との間で教育研究・実践情報の流通を促す新たなチャネルとなります。。